感動とは、人間の心理を「一定の法則」で刺激することで発生する「科学」にすぎません。つまり、この科学を用いれば、感動する話はいくらでも量産できます。

 

実際、ハリウッド映画も、この科学を活用して感動話を作っています。例えば「ハリウッド式3幕構成」が有名ですが、これも人を感動させる科学です。

 

第1幕:物語の状況を伝える(コミットメント)
第2幕:問題が発生。主人公の葛藤(痛みの共感)
第3幕:問題を乗り越えてハッピーエンド(感動する話)

 

感動する話でほっこりするのは楽しいものですが、私たちは意図的に感動させられているケースもあるということ。

 

特に、映画は「プロパガンダ(思想扇動)」に利用されてきた歴史があります。だからこそ、私たちは、いかに感動する話が作られているのか知っておくべきです。

 

そこで、今から「ニセモノの感動話を量産する7つの技術」をご紹介しましょう。

 

解決が絶望的に難しい「問題」を設定する

daimondai

 

ここが、感動する話(泣かせる話)を作るためのコアになります。

 

人間は、自分では解決できない問題に直面したとき「泣く」というメカニズムを備えています。これは、赤ちゃんや子供に顕著に現れますが、人間の本能的な行動です。

 

つまり「解決が絶望的に難しい問題」の設定が、泣かせる話を作る条件です。物語で「人の死」が良く描かれるのも、解決が絶望的な問題として好都合だからです。

 

しかし「人の死」ばかりでは芸がありません。そこで、人の死以外で絶望的な問題を設定するために有効なのが「落差」をつける方法です。日常から問題発生までの触れ幅を大きくするのです。

 

例えば、主人公が「希望」に満ちているほど、問題が発生したときに落差がつきます。「愛する人と結婚する希望」から「愛する人と結婚できない問題」が発生するなどがそうです。

主人公の「好感度」が上がる物語にする

koukando

 

主人公が、いくら絶望的な問題に直面しても、主人公に好感度がない場合、人は感情移入できません。つまり、感動する話として成立しません。

 

例えば、いじわるで憎たらしい「嫌われ者」が問題に直面したところで、同情するどころか、心地良さすら感じてしまうのが人間の心理です。

 

つまり「いかに好感度の高い主人公を描くことができるか?」これが、相手が感動する話を作るうえで欠かせないポイントになります。

 

問題が発生する前の「第1幕(状況設定)」より、主人公の好感度を上げるための描写を心がけましょう。それ以降も、主人公の好感度が積みあがっていくストーリー構成が理想です。

感動させたいターゲットを絞り「共感度」を上げる

siboru

 

感動する話には、主人公に対する「好感度」に加えて、主人公に対する「共感度」も重要です。

 

共感度を高める技術としては「感動させたいターゲット層」を絞り、ターゲットの経験と重なるストーリーを設定することです。それによって深い感情移入を誘うことができます。

 

また「特定の心理状況」に絞るのも有効です。例えば、卒業シーズンであれば「別れ」をテーマにしたストーリー設定をするなどです。

 

感情移入とは「好感度×共感度」と言っても過言ではありません。この数値が高くなるほど、お涙ちょうだいの感動話を作ることができます。

感動を煽るために、主人公の感情を剥き出しにする

kanzyou

 

人間の脳には「ミラーニューロン」という共感細胞が存在します。他人の行動なのに、自分のことのように反応してしまう心理があるのです。

 

このミラーニューロンを刺激する技術が、主人公の感情表現を大きくする方法です。

 

主人公の表情や声を駆使し、オーバーに見せるのです。これは、漫画「ワーンピース」でも頻繁に見られる技術です。

 

ただし、ストーリーに釣りあわない感情表現は「非共感」の原因となり逆効果です。主人公が直面する「問題の深刻度」に合った演出に留めましょう。

 

最後に、今までのテクニックを使って、前述の「ハリウッド式3幕構成」を組み立てていくコツを紹介しておきます。

 

hollywood

第1幕:日常生活を描き、物語の基本設定をしっかり伝える

まずは第1幕です。ここでは「物語の基本設定」をしっかり伝えることに注力します。状況が伝わらなければ感動するどころか、物語に入っていくことができないからです。

 

第1幕は、問題発生へと向かう「前フリ」です。相手に状況をしっかり理解させ、さらに予想を裏切るような問題を起こすことで、インパクトのある「オチ」ができます。

 

これによって、第2幕へと興味をつなげていきます。

第2幕:絶望的な問題発生。主人公が苦しみ葛藤する

第2幕の「解決が絶望的に難しい問題」がはじまります。主人公の苦しみや葛藤を、感情をむきだしに表現しましょう。相手のミラーニューロンを発動させるのです。

 

加えて、前述した「主人公の好感度と共感度」を高めることにも意識を注ぎましょう。ここが疎かになると、主人公の苦悩や葛藤、感情表現は空回りします。

 

解決不可能な問題・主人公への好感度と共感度・むきだしの感情表現を両立させ、人々の感情移入を誘いましょう。

 

第3幕:人間が大好きな「3つの要素」を使い問題解決する

人生の苦難を懸命に乗り越えようとする人間模様に、人は感動を覚えます。

 

人生にふりかかる問題の解決に欠かせない要素は、大きく分けて3つ。この3つの要素をドラマティックに演出することで、感動する話ができあがります。

「情熱や熱意」で問題を解決する

主人公が問題に対して「情熱(熱意)」によって解決しようとする姿です。

 

人は、苦難から逃げずに立ち向かい、問題を解決していく勇姿に感動します。主人公の情熱や熱意は、感動する話に良く使われる要素です。

「人間関係」によって問題を解決する

人間は一人で生きられません。そのため、他者とつがなりたいという感情が強い生き物。また、他者に良好な関係を築くことは、人生において大きな目的でもあります。

 

そのため、私たちは、人々が団結して何かを達成するストーリーに感動します。震災復興の物語などが分かりやすい例でしょう。

 

発生した問題に向かって、共に情熱を持って一丸となって解決しようとする姿。または、他人のために無償で奉仕する人間愛。これらも、感動する話に良く使われる要素です。

「知恵」によって問題を解決する

人間は、考える力に秀でた生き物。私たちは人生にふりかかってくる数々の問題を解決するために、学ぶことをやめません。知恵は、人間が生きるための武器だからです。

 

だからこそ、解決できない難しい問題を、知恵を絞り、試行錯誤を繰り返して解決する姿に、人々は感動します。発明家や開発者の物語に、私たちが感動するのはこれが理由です。

まとめ

感動する話を作るために必要な要素は全てお話しました。

 

あとは、これらの要素をいかに「配列」していくかがキーポイントです。当然、むやみやたらに要素を詰め込んでも、感動する話はできあがりません。

 

人々に「主人公のあのセリフが感動した」「あのシーンが感動的だった」と思わせるために、あなたの客観性をもとに、絶妙に配置していきましょう。

 

夢や願望が実現しない本当の原因を知っていますか?

一部の研究では、自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座を受けた人の97%が成功していないというデータがあります。なぜ、従来の願望実現や引き寄せの法則では失敗者が続出するのか?その本当の原因と、私たちの夢や願望が現実化するまでのメカニズムを完全に解説した無料の動画講義(全5回・約120分)を公開中。

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています