やりたいことが見つからないのは「やりたいことがない」のではなく「やりたいことが可視化できていない」だけです。人生の目的という名の「羅針盤」をなくし、あるはずの「生きる意味」を見失っているだけです。

 

では、人生の目的(羅針盤)を取り戻すには、どうすれば良いでしょうか?それは、あなたが「自分の価値観」を改めて自覚することです。

 

ロイ・ディズニー(ウォルトディズニー創始者の一人)は「自分の価値(価値観)が分かっていれば、決断を下すのは難しくない」と言います。

 

つまり、あなたが日常生活の中で、どんな価値観を大切にしているかを自覚することが、人生の目的という羅針盤を取り戻す答えです。

 

現時点で「やりたいことがない」と言う人でも大丈夫。あなたが人生の目的に目覚める13の質問を公開します。

 

今のままではダメだという自覚があるか?

やりたいこがない自覚をする

 

やりたいことが見つからない、人生に目的を見出せないと感じている人は「今のままではいけない」という問題意識がある人です。

 

当たり前ですが、問題に無自覚な人、現状維持を望む人には、問題解決の行動は取れませんし、取る気もないからです。

 

つまり、この記事をご覧いただいている方は問題意識のある方であり、人生の目的を必ず取り戻せる人だと言えます。

他者との関係で「あなたの役割」は何だろう?

tasyatonokankei

 

以前の記事「嫌われる勇気こそ人に好かれる極意!アドラー心理学5原則」でも紹介しましたが、あなたが抱えている全ての悩みは「対人関係」が起因しています。

 

人生の目的の羅針盤となる「あなたの価値観」も、対人関係から育まれています。今までの対人関係を通して、何を感じ、どう考え、どう解釈したのか?これによって、あなたの価値観は作られているのです。

 

つまり、あなたと他者との関係をたな卸しすることが、人生の目的に目覚める手がかりになります。あなたは他者にとって、どんな立場で、どんな役割を果たしていますか?

 

他者との関わりを可視化していきましょう。

家族から見て、あなたの役割は?

両親、妻、子供に対して、あなたが果たしている役割は何ですか?経済的に支えている、妻の愚痴を聞く、子供たちを良い学校に入れるなど、どんな小さなことでも良いので書き出します。

会社や仕事仲間から見て、あなたの役割は?

会社から見たあなたの役割、会社の上司や同僚、部下から見たあなたの役割は何ですか?書き出してください。

あなたが属する組織から見て、あなたの役割は?

家族や会社以外に、あなたが属している組織や団体があれば、その中における、あなたの役割は何でしょうか?書き出してください。

他者との関係で「やりたくないこと」は何だろう?

やりたくないことを把握する

 

他者との関係の中で、あなたがやりたくないことは「あなたが大切にしている譲れない価値観」とつながっています。これを可視化することで、人生の目的の手がかりが見つかります。

 

また、「やりたくないこと」の反対は「やりたいこと」でもあります。つまり、やりたくないことを逆説化することで、あなたにとってのやりたいことも発見できる、一石二鳥の質問です。

 

当然「やりたいこと」も、あなたの人生の目的に深く関わっています。

家族に対してやりたくないことは?

家族に対してやりたくないことは何ですか?例えば「家族をお金で苦労させたくない」とします。次に、これを逆説することで「お金を稼ぎたい」や「無駄を省きたい」という、やりたいことも同時にあぶり出せます。

仕事でやりたくないことは?

仕事においてやりたくないことは何ですか?例えば「残業したくない」とします。次に、これを逆説化することで「残業のない仕事をしたい」や「仕事を効率化したい」など、やりたいことも導き出せます。

その他の組織において、やりたくないことは?

家族や会社以外で、あなたが属している組織があれば、その中で、あなたがやりたくないことを書き出しましょう。また、それを逆説化して、あなたがやりたいことも出しましょう。

生きるうえで「やりたくないこと」は何だろう?

やりたいことが見つからない人に「やりたいことは何?」という質問は無意味です。しかし、あなたが生きるうえで「やりたくないこと」は沢山あるはずです。

 

やりたくないことを書き出し、それを逆説化してみましょう。すると、あなたのやりたいことが自動的にあぶり出されます。

 

どんな些細なことでも構いません。あなたが生きていく中で、やりたくないことを書き出します。そこから、あなたが大切にしている価値観が浮かび上がります。

目的から目標を落とし込もう

目標設定

 

今までの質問で、あなたが大切にしている価値観。つまり、人生の目的となる羅針盤が、ぼんやりでも可視化されてきたはずです。

 

ここからは、目的を目標に落とし込んでいく作業です。目標とは、目的(ゴール)にたどりつくための「手段」を意味します。

 

人生の目的を達成するために何をすべきか、以下の質問をすることで目標が具体化されます。

どの目的を優先するのか?優先順位は?

まずは、自分の感情を指針に、どの目的を優先するか順位付けしましょう。優先順位をつけることで「選択と集中」ができ、達成速度が高まります。

目的達成のための時間の確保はどうする?

目的を達成するためには行動が不可欠です。そして、行動するためには時間が必要です。現状の生活を送りながら、どのように時間を確保するのか具体的にしましょう。

目的達成に必要なお金の確保はどうする?

現実問題、目的を達成するためにはお金がかかることもあるでしょう。例えば、目的を果たすために、仕事を辞めると決断したとすれば、当面の生活費がかかります。

 

その目的を達成するためには、どれぐらいのお金がかかるか?そのお金はどうやって確保するかを具体的にしましょう。

目的達成に必要な人脈の確保はどうする?

限られたお金や時間の中で、目的を達成するためには「他人の協力」を得ることが重要です。

 

目的達成のために、どんな人脈が必要か?その人脈を確保するために何をすべきか?具体的な目標に落とし込みましょう。

目的達成に必要な環境の確保はどうする?

今の家族や仕事との関わりが、場合によっては、あなたの目的達成の「足かせ(弊害)」になることもあります。

 

あなたが目的を達成するために「最高のパフォーマンス」で取り組める環境は何でしょうか?その環境の確保に何をすべきか、目標に落とし込みましょう。

 

例えば、残業を早く終わらせる仕組みを作ったり、家族とのコミュニケーションの時間を設定し、制限するなどがそうです。

 

目標設定のコツは「細分化」です。「まずはこれをやって、達成したら次はこれ」と言うように、一つ一つのタスクを「小さな階段」のように刻み、ステップアップしていきましょう。

目的と目標をリスト化して毎日見る

目標を現実化する

 

あなたの、人生の目的(ゴール)と目標(手段)をリストに整理して、毎日見る習慣をつけましょう。一日数分でもOKです。

 

イメージングや感情を高揚させるといった努力は不要です。力むことなく読むだけで十分。見るだけで脳内の潜在意識にすりこまれ、あなたの行動に反映されていきます。

 

リストを毎日見ていると、目的や目標の優先順位が変わることがあります。その場合は、リストを随時更新していきましょう。

 

最初から、完璧な「人生の目的(羅針盤)」は完成しません。あなたの感情に従ってリストをチューンナップしていくこと。そうすることで、あなたが本当にやりたいことが明らかになっていきます。

 

まとめ

生きる目的が分かれば、ポジティブで行動力のある「能動的な人生」になります。逆に、生きる目的がない人は、他人や周囲の刺激によって反射的に生きてしまう「受動的な人生」になります。

 

人生の目的が明確になれば、自分の価値観を指針に、外部で起こる刺激を「取捨選択」することができます。つまり、自分に主導権のある人生になっていきます。

 

どうしても、やりたいことがない、人生の目的が見出せない人もいるかも知れません。その場合でも、自分を卑下する必要はありません。

 

生きる意味や目的を、無理に追求することは、逆に負担になります。これが、あなたを苦しめてしまい、幸福から遠ざけてしまう「矛盾」になることもあります。

 

生きていること自体が尊いこと。与えられた寿命をまっとうすることが、自然界の普遍的な目的であり、その中で小さな幸せを感じて生き続けるのも素敵なこと。

 

あなたの感情に従うことが最も大切です。気が向いたときに、今回のノウハウをお役立て頂ければ幸いです。

 

夢や願望が実現しない本当の原因を知っていますか?

一部の研究では、自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座を受けた人の97%が成功していないというデータがあります。なぜ、従来の願望実現や引き寄せの法則では失敗者が続出するのか?その本当の原因と、私たちの夢や願望が現実化するまでのメカニズムを完全に解説した無料の動画講義(全5回・約120分)を公開中。

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています