ザ・ノンフィクション「中年純情物語~地下アイドルに恋をして~」を見て、沢山の気づきがあり、皆さんにシェアしたく記事を投稿します。

 

あらすじは、秋葉原を拠点とする地下アイドル「カタモミ女子」にハマる中年男性「キヨちゃん(53歳)」とその仲間達の物語。

 

カタモミ女子とは、アイドル活動をしながら肩もみのお店で働く不思議な存在。中年のキヨちゃんは、カタモミ女子のメンバー「りりあ」を熱心に応援しています。

キヨちゃんと肩もみ女子のりりあ

 

番組では、キヨちゃんが、りりあのファンであると同時に、彼女に恋をしてしまった心模様が描かれています。

 

この番組は評判だったようで、ツイッターなどのSNSでも話題になっていました。ただ、その意見に対して、私は違和感を持ちました。

 

以下は、お笑い芸人の東野幸治氏のツイートです。「壮大なコント」や「クスクス」という感想。彼のつぶやきに同意するフォロワーもいました。

東野幸治

 

しかし、この東野氏の発言が「優越感の表れ」だとすれば違和感があります。(ご本人は「自分は最低な人間」とエクスキューズされていますが)

 

まず、芸人として活動している人と、アイドルを応援する人の「優劣の定義」は何でしょうか?おそらく「・・・だってそうじゃない?」という曖昧な回答しかできないはずです。

 

私たちは、誰かが決めたらしい「物差し」で、あらゆる物事に「定義不明の優劣」をつけ、優越感に浸ったり、劣等感に苛まれている気がします。まるで見えない何かに動かされている様にです。

 

私も以前なら、東野氏のようにクスクス笑い、根拠のない優越感にひたっていたかも知れません。しかし、フラットな感情で番組を見たとき、実は、キヨちゃんはとても賢く人生を謳歌していることに気づき、学ばされたのです。

 

ザノンフィクション「中年純情物語~地下アイドルに恋をして~」を見て、キヨちゃんと仲間たちから学んだ「人生を豊かにする5つの視点」は以下です。

 

生き甲斐を感じる「コミュニティ」に属することの大切さ

人生の楽しみ方

 

人生の充実度は「所属するコミュニティ(共同体)」によって決まると言っても過言ではありません。なぜなら、人間は集団で生きる社会的動物だからです。

 

人は、家族、学校、会社・・・あらゆるコミュニティに属し、人生の大半の時間を過ごしています。

 

つまり、居心地の良さ、充実度、楽しさといった「ポジティブな感情」になれるコミュニティに属すことが、人生の質を上げるうえで重要であり、それがその人の「生き甲斐」につながると言えます。

 

キヨちゃんは、ゴルフ、ボクシング、盆栽と多趣味で、これらのコミュニティにも属しています。しかし、彼は「カタモミ女子というコミュニティ」に、最も生き甲斐を感じた。ただ、それだけです。

 

東野氏のように「芸能界」というコミュニティに生き甲斐を感じる人もいれば「家族」というコミュニティに生き甲斐を感じる人もいる。ここに優劣はありません。

 

大切なことは「感情の高揚」を指針に、コミュニティを選ぶことだけなのです。

世間体に囚われず、自分の価値観で生きることの大切さ

人生を楽しむ方法

 

彼らを見てニヤニヤする行為は「脊髄反射的」なレッテル貼りです。ちなみに、人間が反射的にレッテルを貼る場合、ほとんどが「世間が作った評価基準(世間体)」に囚われている時です。

 

私も社会の一員として、アイドルオタクに対する世間の空気は理解しているつもりです。ただ、私は世間体による「脊髄反射」で、物事を見ないように心がけています。

 

なぜなら、世間体に囚われるほど、自分の人生が自分のものではなくなるからです。

 

また、世間の評価基準(物事に対する意味づけ)は、時代や場所が変われば、いくらでも変わる虚ろなもの。戦時になれば殺人は勲章になり、国が変われば自殺(安楽死)が合法になる様にです。

 

私の祖父母世代は「吉本興業=ヤクザ」という認識を持っていました。自分の子や孫が芸人になるなんて絶対許さない空気がありました。しかし現在は、吉本興業は社会的地位のある企業であり、芸人は好感の対象とされています。つまりは、そういうことです。

 

以上から、根無し草のような世間体に囚われることは無意味だということ。自分の価値観を優先することが、自分の人生を豊かにするコツです。

 

そういう意味において、キヨちゃんの生き方は正しいと言えます。虚ろな世間の「意味づけ」に帳尻を合わせ、自分の価値観に逆らって生きることは後悔のもとです。

自分に限界を感じたら、他者の夢のサポートに回る賢さ

アイドルオタクの心理

 

人間は歳を重ねると、自分の将来に限界を感じます。そして、そうした人間は、自分より可能性を秘めた「他者」に夢を託す選択をします。これは命をつないでいく動物が備えている「自然の摂理」とも言えます。

 

事実、自分が達成できなかった夢を「わが子」に託すというのは良くある話。アスリートの世界でも、監督やコーチが実現できなかったことを、教え子に託すことは日常的です。

 

つまり、キヨちゃんがカタモミ女子のサポートに夢中になるのは、特別異様な行為ではなく、歳を重ねた人間の「王道的な生き方」と言えるのです。

 

東野氏のように、自身が第一線に立ち、夢を達成できる人は少数。大半の人は夢に破れ、挫折し、自分に限界を感じ、他者に夢を託すものです。

 

私は、自分の現実を素直に受け入れ、他者の応援に回れる人は素晴らしいとすら思います。自分の夢に諦めがつかない、潔さがない、そんな私が持ち得ない「器」が、彼らにはあると思うからです。

 

また、他人の夢を自分の夢のように素直に応援できる態度は、一度の人生で「二人分の人生」を楽しめることと同じです。

そのように捉えれば、キヨちゃんの生き方は賢明であり、お得だと言えます。

自分が輝ける場所も、しっかり確保しているしたたかさ

オタ芸

 

アイドルのファン達が賢いと思うことは、自分自身がアイドルよりも「主役でいられる環境」を、したたかに用意している点にあります。

 

例えば「オタ芸」と言われる応援がそうです。まさにオタ芸は「表現活動」であり、どちらが舞台で、どちらが客席かが分からなくなるほど、彼らはアイドルに負けないパフォーマンスを披露します。

 

※実際、私は番組中、アイドルのパフォーマンスより、彼らの応援に釘付けになりました。

 

特に、ファンが少ない地下アイドルのライブにおいては、彼らの応援は会場でより大きな存在感を放ちます。

 

つまり、彼らは他者の夢をサポートする脇役でありながらも、実は、自分が主役として活躍できる場も、したたかに作っているのです。

 

また、カタモミ女子のファンにおいては、自分が推しているアイドルに肩もみをしてもらうサービスも楽しめます。彼らはアイドルたちに奉仕される「主役」の気分も味わえるわけです。

 

当然、そのサービスを受けるにはお金が必要ですが「アイドルに対する支援金」だと考えれば、サポーターとして貢献できたという充実感もあるでしょう。

 

以上から、彼らは非常にうまく人生を楽しんでいると言えます。

死ぬまで異性を活力に生きることの大切さ

肩もみ女子とキヨちゃん

 

男性にとって「異性の存在」とは、生きるための活力です。

 

「英雄色を好む」という言葉があるように、男性が何かを成し遂げるうえで、女性をモチベーションにすることは多いもの。

 

もちろん「アイドルとファンは恋愛できない」と揶揄する人もいるでしょう。しかし、ゼロではありません。実際、アイドルとファンが付き合う事例はあります。

 

そんな“ほぼあり得ないこと”に望みを賭けるのはバカらしい思うかも知れません。しかし、絶望的に叶わないことでも、本人が希望を持ち、それによって人生のパフォーマンスが向上するなら、良いのではないでしょうか?

 

例えば、芸人を目指す若者たちも、心の中には「売れてアイドルや女優と付き合う」といったモチベーションがあるはず。個人差はあるものの、行動モチベーションとして必ずあるはずです。

 

しかし、芸人として売れるのも“絶望的に低い確率”であり、売れたとしてもアイドルと付き合える保証もありません。キヨちゃんとカタモミ女子が付き合う確率と大差はないのです。

 

そもそも、自分が理想とする女性をモノにできる男性は、この世にほとんどいない訳ですから、アイドルとの恋をモチベーションに、自分が活動的になれるなら良いのです。

 

さらに、アイドルたちは年齢や容姿関係なく優しく接してくれます。

 

本来、50代になれば女性との縁は減っていくもの。そういう意味からも、地下アイドルを応援することは、男がいつまでも男でいられる、有意意義なコミュニティだと言えます。

 

まとめ

世間体という色メガネを取りアイドルファンを見つめてみると、彼らは、多くの人間が人生を充実させるために行う「王道的な行動様式」を取っているだけで、何ら異様なことではないのが分かります。

 

東野氏とキヨちゃんが違う点は、属しているコミュニティが違うこと。コミュニティのリーダーでいるか、フォロワーになるかの違いだけではないでしょうか?

 

人は環境で変わるというように、属するコミュニティによって人生の充実度は変わります。

 

つまり、自分がポジティブな感情になれ、パフォーマンスが高まるコミュニティに飛び込むことが、人生を謳歌するための絶対法則だということ。そして、アイドルファンになるというのは、とても素敵なコミュニティに関われることなのだと、今回の番組で学びました。

 

最後に、今回の記事を書く動機を与えてくださった東野幸治さん、カタモミ女子と関係者のみなさん、そしてキヨちゃんとファンのみなさんに感謝し終わります。

 

夢や願望が実現しない本当の原因を知っていますか?

一部の研究では、自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座を受けた人の97%が成功していないというデータがあります。なぜ、従来の願望実現や引き寄せの法則では失敗者が続出するのか?その本当の原因と、私たちの夢や願望が現実化するまでのメカニズムを完全に解説した無料の動画講義(全5回・約120分)を公開中。

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています