実は、人間嫌いや他人を見下す心理は、誰もが持っています。そのため「私は人間が大嫌いだ」と自覚している人の方が、ある意味では誠実とも言えます。

 

ぶっちゃけ、私たちは四六時中、他人を見下しています

 

ただ、これは脳の仕組み上、誰もが無自覚にやってしまうものなのです。つまり、この脳の仕組みを知り、自覚さえできれば、脳のメカニズムから脱却でき、他人を見る目を変えることが可能です。

 

たとえ、あなたが「超」がつくほど人間嫌いでも、人を愛することができ、心を許しあえる仲間が増え、人脈が無限に広がっていくメソッドになります

 

他人を見下す心理メカニズムはこれだった!

本題に入る前にひとつお願いがあります。当メディア「ヤギコーチ」の制作に協力いただいている、三宅さんを紹介させてください。

 

それでは三宅さん、お願いします。

無愛想な人

 

三宅氏「はじめまして三宅です。今後ともよろしくお願いします。」

 

三宅さん、ありがとうございました。あなたは三宅さんのことをどう思いましたか?あまり良い印象を持たなかったですか?無愛想で失礼な人だと思いましたか?

 

実は、これこそが、あなたを支配している「脳の仕組み」です

 

人間の脳には「RAS」という機能があり、あらゆる情報の中から「自分にとって重要な情報だけ」をピックアップし、それ以外の情報を省く。つまり視野に入れない仕組みを持っています

 

この現象は「スコトーマ(情報的盲点)」とも言われ、これが他人を見下す心理の根本原因になっています。

人間が大嫌いな人ほど「自分の観念」をチェックしよう

他人を見下す癖は観念にある

 

ちなみにRAS(スコトーマ)が選ぶ「自分にとって重要な情報」とは何によって決まるのか?それは、あなたの潜在意識に根を張っている「観念」が決めています。

 

観念とは、あなたが過去の経験から思い込んだルールです

 

例えば、私たちは幼少の頃から「礼儀正しく、愛想良く生きなさい」と教えられ、また過去の経験からも、礼儀や愛想を重んじた方が得だと信じています。

 

そのような観念が、三宅さんが持つ膨大な情報の"ほんの一部の情報だけ"をピックアップし「こいつは無愛想だ。腕まで組んで礼儀のなってない奴だ。嫌いだ。」と裁いたのです。

 

このようにして、私たちは「あらゆるシチュエーション」で、他人を四六時中裁き、他人を見下す心理に陥っています。

 

しかし、人間は多面性を持った存在であり、一つの側面だけで判断できるような単純な存在ではありません。それは、ご自身のことを考えても分かるはず。その時々の事情で、あり方が全然違うはずです

 

つまり、相手の一側面だけを見て裁くことは、人を人ではなく「モノ」として扱っているのと同じだと認識してください。私たちは、三宅さんをある意味「バンダイのDX超合金」のように扱ったのです。

他人を見下す人の心理状態

 

三宅さんがモノなら、彼のあり方はいつも同じです。なので、気に入らなければ返品すれば済むでしょう。しかし、三宅さんはモノではなく多面性を持った"人間"です。

 

以上から、人間嫌いとは、あなたが過去に築いてきた「観念(思い込み)」が、脳のRASに影響を与え「他人の嫌いなところ」にフォーカスさせていることが原因だったのです

 

人間嫌いを治すには、最終的には「観念の書き換え」が根本的な改善策ですが、これには時間がかかります。

 

しかし安心してください。実は、人間嫌いの観念、そしてそれに影響を受けている脳の仕組み(RAS)から一瞬で脱却できる、とても簡単なテクニックがあります

人間嫌いが治らない人は必見!今日からできる簡単な治し方

実は、他人の一側面(負の側面)だけを見せる「脳の支配(RAS)」から一瞬で脱却し、まるで神の視点から、相手の多面性を見ることができる、非常に簡単なテクニックがあります。

 

それは、相手のネガティブな側面に脳がフォーカスを始めたら、つまり、RASが発動した瞬間に「どうしたのだろう?」と心の中で唱える。これだけです

無愛想な人

 

もう一度、三宅さんの登場シーンです。再びあなたの観念が動きだし、三宅さんのネガティブな側面に、脳がフォーカスを始めたら今です。「どうしたのだろう?」と唱えてください。

 

すると「ネガティブな感情の炎上」が弱まり、別の側面を冷静に探し始めている自分を感じるはずです

 

実は、三宅さんがこのような態度になったのには訳がありました。それは・・・撮影の照明が眩しくてたまらなかった。これだけだったのです。

 

彼は照明がまぶしいため、その場を離れようとしたそうですが、カメラマンから「動くな」と言われ、必死に力を入れて我慢したそうです。今回の件は、彼の頑なまでの真面目さが裏目に出てしまいました。

 

その後、私が映像を確認した時には遅く、三宅さんはスタジオを去った後でした。撮り直そうにもお互いのスケジュールが合わず、このまま公開した経緯です。

 

これは、あくまでも一例ですが、人にはそれぞれ「そうなった事情」があるということ。私たちは自身の経験からそれを知っているにも関わらず、脳の仕組みがそれを忘れさせ、私たちを簡単に「独裁者」に仕立てあげます

他人の事情を考慮する

 

三宅氏「みなさんには誤解をさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。」

 

あなたの脳は、人、物事、出来事、つまり万物を見た瞬間に「RAS」を作動させます。RASは、あなたにとって「重要」と判断した情報以外、遮断し見せなくします。

 

そして、RASを動かしているのは、あなたが過去の体験から作りあげた観念。「思い込み」に過ぎません。

 

この心理メカニズムを知り、日常的に意識することが、人間嫌いや人を見下す思考癖を治すスタートラインになります。

 

そして「どうしたのだろう?」という、たった一つのマジックワードを使えば「思い込み」から一瞬で抜け出し、人を人として見ることができる。他人が抱える事情や、他人に対する優しさを思い出すことができます

 

あなたの人生を変える方法とは「言葉の意味づけ」が答え

人生を変える言葉

 

あなたには大きな責任があります。その責任とは「あなたこそが、この世の万物に意味付けをしている神」だということです。

 

量子論では、万物はもともと「波動」であり、観測された瞬間に「物質」として確定することが証明されています。あなたも私も、そして夜空に浮かぶ月も、誰も観測していないときは波動であり、物質として確定していないことを、量子論では証明されています。

 

つまり、全ては、あなたが観測した瞬間に「物質」として確定するということ。これは、あなたの「物質(現象)に対する意味づけ」が、あなたが見る世界を作ることを物理学が証明したのです

 

宇宙を作った神が「創造神」だとすれば、あなたはそれをどんな物質として見るかを決める「決定神」だと言えるわけです。

 

あなたは神であるからこそ大きな責任があります。世界をネガティブな物質として決定するか、ポジティブな物質として決定するかは、あなたにかかっているからです。

 

そんな強大な力を持ったあなただからこそ、自分の脳をコントロールすることに、責任を持ってください。

 

つまり、あなたの脳に基準を与えている「過去に築いた観念」をたな卸しすることが重要だということ。そして、不要なものは手離し、最適なものに書き換えていくことが、人間嫌いや人を見下す癖を治す答えです

 

今後「ヤギコーチYouTubeチャンネル」では、私たち地球人が、脳を自由自在にコントロールするための方法も公開する予定です。ぜひご期待ください。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています