トラウマの原因は、心的外傷となった「過去の出来事」から、恐怖の連想を現在に至るまで繰り返してきた結果です。

 

そしてトラウマは、恐怖の連想を繰り返した回数に比例して強化されていきます。

 

つまり、トラウマを克服するためには、過去の出来事による恐怖の連想を断ち切り、無効化することがカギになります。

 

今から、トラウマ(心的外傷)を克服する「7つのテクニック」を公開します。

 

トラウマは、そもそも存在しないことを理解する

トラウマは存在しない

 

過去の記憶が、トラウマとなって定着してしまったのは「解釈」が原因です。

 

体験した出来事をどのように解釈するかで、私たちの行動は決まり、それに伴った結果になる。ただ、それだけの話です。

例えば、災害で家を失ったという「同じ体験をした二人」がいます。

 

一人は、この体験を受け「ショックで何もできない」と解釈して引きこもりに。もう一人は「命の大切さを痛感した。今を大切に生きよう」と解釈し、子供の頃からの夢を追いかけました。

 

つまり、トラウマとは、あなたの解釈が作った「幻想」にすぎず、もともと存在しないものなのです。

 

体験した出来事をどう解釈するのか?それは、あなたの自由。ここに気づけば、自分のパフォーマンスが上がる解釈を積極的に選ぶことが「幸せな人生の作り方」であることに気づきます。

 

望まない出来事が起こっても、原因を考えることに意味はありません。いいえ、原因を考え続ければ、過去の辛い体験が、頭の中で繰り返されるだけ。心的外傷(トラウマ)が強化されるだけなのです。

 

トラウマは「どうして○○なんだろう?」という質問によって原因を考え続け、頭の中で辛い体験を繰り返した結果です。

 

今日からは「どうやって○○しよう?」という質問に切り替え、あなたが「手に入れたいゴール」に焦点を合わせる習慣をつけましょう。

 

この質問が習慣になれば、トラウマはどんどん薄らいでいき、克服は時間の問題になります。

トラウマの原因である「恐怖の感情」を解放する

感情を解放する方法

 

トラウマを思い出してしまい、どうしても辛い場合は、我慢することをやめて「いったん受け入れる」ことが有効です。

 

なぜなら、心から込みあがってくる「苦しい感情」を抑圧するほど、強烈なストレスを感じてしまうからです。強いストレスは心と体を破壊しかねません。

 

だからこそ、苦しい感情から逃げず、全てを受け入れ、感情を外へ解放しましょう。

 

例えば、怒りを我慢すればストレスは溜まります。しかし、感情を開放して思いっきり怒れば、ストレスが解放され、カタルシス(快楽や浄化)を感じます。このメカニズムを利用するのです。

 

これを「曝露療法(ばくろりょうほう)」と言い、トラウマの元凶となる苦しい感情を受け入れ、味わうことで、その感情に慣れたり、飽きるという発散効果が期待できます。

 

すると、少しずつ「対処可能なトラウマ」だと感じられるようになります。自分で「対処可能」だと思うことが極めて重要。曝露療法は、そのきっかけになります。

曝露療法のやり方・手順

心が落ち着く場所に座って、今の感情を味わってください。または、トラウマになった過去の体験をわざと思い出し、湧き上がってくる感情から逃げず、味わい続けてください。

 

最初は辛く苦しいですが、途中で逃げることなく味わい尽くすことで、抑圧してきた感情が解放され、さらには、慣れや飽きによって気持ちが楽になっていきます。

 

重要なので繰り返しますが、辛い感情から逃げず受け入れ、味わい尽くすこと。途中で逃げてしまうと、トラウマが強化されることがあり、曝露療法が逆効果で終わります。

 

曝露療法は、感情を全て吐き出すことで快楽や浄化を得て、慣れることで効果を発揮する方法です。もし、トラウマが強すぎて実践が難しいなら、現状のフラットな感情を味わうことから始めましょう。

 

実践が難しい方は、トラウマとなった過去の体験を、積極的に思い出す方法はとらないこと。今の自然な感情を味わって、少しずつステップアップしていけばOKです。

100%安全な環境で、トラウマを再体験する

トラウマを再現して再体験する

 

心的外傷を克服する最も確実な方法は、トラウマの恐怖を再び体験し、乗り越えることです。

 

例えば、トラウマが原因でエレベーターに乗れない人は、エレベーターに乗って「大丈夫じゃん」という実感を得ることで克服が可能になります。対人恐怖症なら、人前に出て慣れることが克服につながります。

 

しかし、重度のトラウマの場合は再体験をすることは危険です。嘔吐や目眩、貧血が発症することがあるからです。

そこで効果的なのが、イメージの中で再体験をする「系統的脱感作法」です。

系統的脱感作法のやり方

あなたにとって安心して落ち着ける場所にゆったり座りましょう。そして、深呼吸を繰り返して「α波」が出ているリラックス状態(催眠状態)に自分を導いていきましょう。

 

それができれば、イメージの中で再体験を始めます。

 

例えば「トラウマでエレベーターに乗れない人」なら、イメージの中で「エレベーターに乗る練習」をリハーサルするのです。

 

まず、ここで重要なことは「不安を感じたら、いつでも現実に戻れる」というルール設定です。

 

自分の住居や、良く知っている建物のエレベーターをイメージしましょう。馴染みの情景を利用した方が、臨場感があるため効果的です。

 

自分がエレベーターに歩いて向かっている様子をイメージしながら、少しずつエレベーターに近づいていきましょう。できるだけ近づいていきましょう。しかし、苦しくなったら無理せず現実に戻ってください。

 

現実に戻ったら、また心が落ち着くまで深呼吸を繰り返してリラックスしましょう。そして、心が落ち着いたら、再びイメージの中に入って、エレベーターに乗る体験をしましょう。

 

・・・どうでしたか?

 

このように、無理をせず「少しずつ恐怖突入」することが効果的です。自分と対話をしながら、少しずつ頑張って背伸びするのが大切であり、これによって心的外傷が少しずつ改善していきます。

 

ただし、系統的脱感作法はイメージトレーニングのため、イメージがうまくできない人や子供には、大きな効果が期待できません。

 

その場合は、イメージの中ではなく「現実世界」で行い、トラウマを少しずつ克服する「現実脱感作法」が効果的です。

現実脱感作法のやり方

現実的脱感作法は、系統的脱感作法を「現実空間」で実践する方法です。

 

今回も「トラウマでエレベーターの乗れない人」を例に説明しますが、心が落ち着いた状態にして、エレベーターに向かって歩きます。そして、苦しくなったらすぐに中止することがルールです。

 

これを繰り返して、少しずつ「できる範囲」を広げ、トラウマを克服していきます。

 

現実的脱感作法は、イメージトレーニングよりも「臨場感」が強いため抵抗がある人も多いでしょう。しかし、家族や友人などの助けを借りながらできるメリットもありますし、現実で行うだけに効果も大きいです。

 

最初は、系統的脱感作法を行い、慣れてきたら、現実的脱感作法に挑戦するというステップがおすすめです。

 

絶対に押さえるべきポイントは、無理をせず「少しだけ背伸びをすること」です。

トラウマに「ユニークな演出」を加える

トラウマの向き合い方を面白くする

 

トラウマとは、過去の体験を「深刻に受け止めた結果」から作られたもの。そこで、このメカニズムを逆手にとって「ユニークな演出」を加えてしまうのです。

 

例えば、心的外傷となった過去の出来事を思い出すときに「マヌケな音楽」をBGMにしたり、登場人物を「クマのぬいぐるみ」など、かわいいものに差し替えるのです。

 

または、あなたが好きなお笑い芸人やタレントなどを追加で登場させて、ユニークな演出を加えてみるのも効果的です。

 

ポイントは「徹底的にふざける」ということ。あなた自身もバカバカしいと感じることが大切です。なぜなら、トラウマとは「深刻に受け止めた結果」だからです。

 

トラウマの元凶となっている登場人物に「きゃりーぱみゅぱみゅ」のような、おバカな衣装を着せてみたり、ドラえもんの声にしてみたりと、徹底的にふざけるのがコツです。

 

バカバカしさを楽しむ「余裕」が、トラウマ克服の「最良の薬」になってくれます。

トラウマを客観的に思い出すイメージトレーニングを行う

トラウマを思い出す時のイメージトレーニング

 

人間は、過去の記憶を「2種類のパターン」で思い出します。

 

1つは、過去を「客観的」に思い出すパターン。この思い出し方の場合、過去の自分の姿が見えます。映画のスクリーンに映っている自分を見ている感じです。

 

もう1つは、過去を「主観的」に思い出すパターン。この場合は、過去の自分の姿が見えません。これは、現在の自分が過去の自分に乗り移って「再体験」している状態です。

 

過去の出来事を再体験するイメージをやってしまうと、脳は「現在進行形の出来事」だと錯覚します。つまり、脳は「終わった出来事だ」と認識できなくなります。

 

この思い出し方を繰り返した結果、トラウマが作られます。

 

主観的な思い出し方を繰り返すほど、心的外傷は強化されます。トラウマを克服するには、客観的な思い出し方を習慣にすることです。

 

トラウマになった出来事を、主観的に思い出してしまったら、すぐに切り替えましょう。映画を観るような「客観的なイメージング」に変更するのです。

 

そこで、具体的な対処法を紹介します。

トラウマの記憶を消す「客観的イメージトレーニング」のやり方

トラウマを映画のスクリーンに映す

 

苦しい記憶が浮かんだら、目の前に「映画のスクリーン」を想像しましょう。そのスクリーンに、消し去りたい過去の体験を映してください。スクリーンには「過去のあなた」が登場人物として見えます。

 

あなたは、その映画を「一番後ろの客席」に座って見ています。スクリーンを遠くから見るほど臨場感が弱まり、客観的に見ることができます。

 

次に、その映画に登場する人物は、自分ではなく「彼(彼女)」だと意識してください。これによって、より客観的に見ることができます。

 

そうしたら「もう終わったことだ」とつぶやきましょう。すると、映画は終わり幕が閉じました。

 

次に、映画館の出口に立ち、後部席に座って映画を見ている自分を、さらに客観的に見てください。そして、もう一度「もう終わったことだ」とつぶやきましょう。

 

そして、映画館を出ていくあなたをイメージしながら終了します。

過去は過去。現在と未来とは無関係だと自覚する

過去は終わったのだ

 

あなたに質問です。嫌な出来事が発生した過去にタイムスリップは可能でしょうか?

 

ドラえもんに頼んでタイムマシンを使うか、魔法使いや超能力者にお願いして、現在から過去にタイムスリップしてほしいのですが可能ですか?

 

・・・・100%不可能ですよね?

 

つまり、過去とは絶対に触れられないものであり、現在とは完全に断絶されている無関係なものだということ。今のあなたに影響を与えられないものなのです。

 

つまり、現在のあなたが過去に依存するのは無意味。あなたは、これからやってくる「未来」だけにフォーカスを合わせれば良いのです。過去の苦しみ、悲しみ、罪悪感、カルマ・・・そんなものは、もうどうでも良いことだからです。

 

あなたが「望む未来」を実現するために、今この瞬間をどう生きるべきでしょう?そこだけに焦点を合わせて明るく生きてください。それだけで、トラウマは簡単に克服できます。

 

なぜなら、トラウマという闇は、明るい光に照らされると消滅せざるを得ないからです。

 

人間は、苦しむために生まれてきたのではありません。愛と喜びを味わうために生まれてきました。苦しみを感じることに早く飽きて、それがバカバカしいことだと今すぐ気づきましょう。

全てを許し愛すると決意する

トラウマを許す

 

トラウマが克服できないのは、過去の記憶を手放さないからです。手放すためには、全ての出来事、人、そして自分を許し、愛することです。

 

全ての人間は「欠点だらけの未熟な存在」です。私たち人間は、互いに許し、許され合いながら生きています。これを理解してください。

 

つまり、他人の許せない部分も、自分の許せない部分も、全て受け入れて許し愛すること。それがトラウマの原因となった「過去の許せない出来事」から解放される答えです。

 

あなたは完璧である必要はありません。欠点だらけでも素晴らしいのです。他人も完璧ではありません。欠点だらけで良いのです。それを理解し、全てを愛してあげてください。

 

もちろん、これは決して簡単なことではないでしょう。しかし、あなたが全てを愛せるようになると「光の存在」となり、全ての物事が、あなたの光によって浄化されていきます。

 

すると、あなたに関わる全ての人や物が、あなたに「幸福」をもたらす存在になっていきます。

 

赤ちゃんに笑顔で接すれば、赤ちゃんは笑顔になり、私たちは癒されます。赤ちゃんに負の感情で接すれば、赤ちゃんは不機嫌になり、私たちの気分も乱れます。

 

あなたが「愛」という光によって全てを照らしてやれば、全ての人や物事も「愛」を返してくれるということ。これは、トラウマの克服だけでなく、最高の人生を送るために重要なマインドセットです。

 

まとめ

繰り返しますが、トラウマの原因となっているものは「過去」です。しかし、現在と未来において、過去とは「もう終わった出来事」であり、触れることもできない、何の影響力もないものです。

 

今のあなたがフォーカスしなければならないのは「未来」だけ。あなたにとって「幸せな未来」とはどんなものでしょう?それを考えると、自然と笑顔になってワクワクしませんか?

 

そう、その「ポジティブな感情だけ」を、積極的に選んで生きてください。

 

今この瞬間の感情の選択は自由。どんな出来事でも「ポジティブとネガティブの面」が共存しているもの。どちらに焦点を合わせるかは、あなたに決定権があります。

 

私たちに起こった過去に「意味」はない。問題は、出来事をどのように解釈し、どの感情を選ぶのか?

 

せっかくなら、望ましい未来につながる解釈、感情を選ぶべきですよね?また、それこそが「理想の未来」を最短で実現する、確実な方法であることを理解して頂ければ幸いです。

 

夢や願望が実現しない本当の原因を知っていますか?

一部の研究では、自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座を受けた人の97%が成功していないというデータがあります。なぜ、従来の願望実現や引き寄せの法則では失敗者が続出するのか?その本当の原因と、私たちの夢や願望が現実化するまでのメカニズムを完全に解説した無料の動画講義(全5回・約120分)を公開中。

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています