あがり症の原因やメカニズムは、すでに解明されています。その答えとは、人間が持っている「3つの感情」です。

 

3つの感情とは「自己好感(好意を持ってもらいたい感情)」「重要感(認められたい感情)」「自己有能感(評価されたいという感情)」を指します。

 

これら3つの感情が過度に働くことで、あなたを「自意識過剰」にさせ、あがり症や緊張を引き起こしています。つまり、3つの感情を整えるテクニックを知れば、あがり症は克服できます。

 

あがり症の根源である、あなたの自意識過剰をゼロにする「人前に出ても緊張しない11の方法」を公開します。

 

「俺は緊張している」と堂々と公言しろ

緊張していることを告白する

 

あがり症は、自分の緊張を隠そうとするほど悪化します。「緊張するなと自分に言い聞かす→自分を追い込む→ますます緊張する」という負のスパイラルに陥るからです。

 

解消法としては「今、めちゃくちゃ緊張しています!」と笑顔で告白すること。そうすることで、負のスパイラルを簡単に断ち切ることが可能です。

 

これによって、自分があがっていることを周囲に隠そうとする自意識が吹き飛び、驚くほど心が楽になるでしょう。軽度なあがり症なら、この方法だけで解決することもあります。

人は誰でも緊張する。お互い様だと思え

緊張とは、小便や大便と同じ「生理現象」にすぎません。血液中のノルアドレナリン値が上昇すると起こるだけ。小便や大便をしない人が存在しないように、緊張も同じことなのです。

 

人類はみな緊張します。お互い様。だから、自分があがっても落ち込むことは全くありません。

 

緊張で落ち込む行為は、オシッコやウンチをもよおして「やってしまった」と落ち込むぐらい滑稽なことだと解釈してください。

聴衆の一人だけと話していると思え

あなたは、マンツーマンで話すことに緊張しないはず。大勢の人間に注目されているという自意識があるから、緊張するのです。

 

聴衆のうちの「たった一人」と会話していると思ってください。周囲にいる他の人間は無視。視野に入れなくて大丈夫です。

 

たった一人の相手と「カフェ」で向き合って話しているイメージをしましょう。カフェには大勢の人がいますが気になりませんよね?その感覚を持って話せばOKです。

完璧主義者はかっこ悪いことを知れ

完璧主義はやめる

 

完璧主義者は、物事を成し遂げることができない「カッコ悪い存在」です。完璧になるまで行動することをためらい、何も成し遂げられず一生を終えていく人々だからです。

 

物事に完璧はありません。永遠に完璧は訪れません。だからこそ、完璧じゃなくても拙速に行動する人の方が、大きな物事を達成します。

 

人前に立つことはもちろん、あらゆる物事は「場慣れ(行動)」が一番の解消法。誰も、あなたに完璧は求めていません。完璧とは、この世に存在しない「幻想」です。

 

あなたは、完璧じゃなくて大丈夫。行動こそが、あなたを完璧に近づけてくれる唯一の方法だと考えましょう。

第一声だけで良いから「大きな声」を出せ

声を出せば緊張は緩和する

 

最初の第一声だけでOK。大きな声を出してください。それだけで、その後の全てがうまく回り始めます。その理由は2つです。

 

1つは、大きな声を発することで、脳(意識)を「緊張」からそらすことができるため。もう1つは、人間は大きな声を出すことで、心も大きくなるメカニズムがあるからです。

 

声が小さいと弱気になるように、大きな声を出すだけで強気になれます。そうすることで、表情や態度が自動的に堂々とした振る舞いになります。

 

繰り返しますが、最初の第一声だけで構いません。勇気を持って大きな声を出してみましょう。

緊張したら姿勢を変えろ。意識をそらせ

緊張にはバイオリズムがあり、突然、あがり症が表れることがあります。「来たな」と思ったら背筋を伸ばすなど、別のことに「意識」をそらしましょう。

 

また、背筋を伸ばすことで「自己肯定感」が高まり、感情がポジティブになります。天井を見上げるのも意識がそれて、前向きな感情になれる方法です。

弱みを見せろ。その方が好感度が上がるから

弱みを見せる心理操作

 

あなたは、自己開示をしてくれる人と、自己開示を一切しない人なら、どちらの人間に好意を持つでしょうか?当然ながら「自己開示をしてくれる人」のはずです。

 

これは「自己開示の返報性」という心理メカニズムで、自分のことを自己開示することで、相手も自己開示をしようという意識が働き、仲良くなる仕組みです。

 

世間の「人気者」をイメージすれば分かります。彼らは自分を良く見せることより、自分の弱みも堂々と自己開示している特徴があります。

 

つまり、あなたは緊張していることを正直に開示することで、聴衆は好意を持ち、場の空気を和みます。つまり、あなたも楽になります。これは「あがり症の人にしかない武器」とも言えます。

自分ではなく聴衆のことだけ考えろ

前述したように、あがり症の根っこの原因は「自意識過剰」です。

 

自意識過剰とは、その名のとおり「自分ばかりに意識が向いている心理状態」です。これを「他人だけに意識を向ける」に切り替えるのです。

 

「相手に役立てば、自分はどうなろうが構わない」という自己犠牲の意識を持つだけで、緊張やあがり症が驚くほど気にならなります。

 

自分を良く見せることに注力する「エゴイズム」が、あなたを緊張させているだけ。あがり症とは、自己中心的なあなたを戒める「罰」だと考えてください。

 

「自分はどうでも良いんだよ。私は相手のニーズを満たしてあげたいんだから。」

 

このマインドに切り替えるだけで、緊張は一気にやわらぎ、結果的に良い評価を受けるという「ご褒美」が手に入ります。

事前練習をしっかりして挑め

あがり症は練習で克服する

 

あがり症の原因の1つには「心配要素が多い」というものがあります。頭が真っ白になって言葉に詰まったらどうしよう、マイクやスライドが故障したらどうしようなどの「不安イメージ」が多いのです。

 

解消法は、そのような心配事を潰す行動を1つずつ取っていくこと。そうすることで、本番の緊張はどんどん和らぎます。

 

リハーサルを繰り返したり、事前に会場に足を運んでみたり、会場に入って演台に立ってみるなど、不安だと思う要素を潰す行動を1つずつ取っていきましょう。

台本を暗記するな。要点だけカンペしろ

事前練習を行うことは大切ですが、台本を作って丸暗記するのは絶対NGです。なぜなら、本番の緊張で「頭が真っ白」になったとき、言葉が一切出なくなるからです。

 

繰り返しますが「完璧主義者はクソ」です。相手に必ず伝えたい要点だけをカンニングペーパーにすれば十分。それさえ伝えれば、完璧に話せなくても全く問題ありません。

 

失敗しても良い。どうなっても良いと開き直れ

緊張するのは当たり前、顔が赤くなっても、どもってもOK。別に殺されるわけではありません。「どうにでもなれ」という思いで挑むのです。

 

その瞬間、スーッと緊張が解け、気持ちが驚くほど楽になります。その結果、いつもの自分でいられ、堂々とした振る舞いをすることが可能です。

まとめ

あがり症の人は、生真面目な人が多い傾向にあります。もっとルーズになって良いのです。他の人間は、あなたよりもルーズでだらしないと考えてください。

 

例えば、多くの企業がコミュニ力のある人材を求めるのは、なぜだと思いますか?企業にもコミュニケーション力がないからです。持ってないから高い報酬を支払ってでも求めるのです。

 

つまり、みんな「お互い様」だということ。

 

そんなルーズな考えを持つだけで、真面目で努力家なあなたは一気に飛躍します。今まで培ってきた「素晴らしい能力」が開花させれることを心より願っています。

 

夢や願望が実現しない本当の原因を知っていますか?

一部の研究では、自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座を受けた人の97%が成功していないというデータがあります。なぜ、従来の願望実現や引き寄せの法則では失敗者が続出するのか?その本当の原因と、私たちの夢や願望が現実化するまでのメカニズムを完全に解説した無料の動画講義(全5回・約120分)を公開中。

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています